This Archive : 2009年08月

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏前半

2009.08.07 *Fri
またまたお久しぶりです。
夏休み前半が終わり、この一週間はウィーンで束の間の休息。
とはいっても明日からのカルテットの講習会のために集中的に合わせをして、ソロのレッスンもあったので、普通のウィーンでの生活に戻って来たような感じでした。



前半に参加した二つの講習会、どちらも素晴らしく、充実した時間をすごすことができました。

ワイマールでは世界的ヴィオリストの音を贅沢なほどすぐそばで聴き、先生がコンサートで弾いたブラームスの2楽章では涙が出そうなほどの幸せを初めて味わいました。豊かで、丸みがあって、つややかで、芯があってどこまでも広がって行く音、言葉でなんてとても洗わせませんが、とにかくすごかった。
今でも鮮明に耳に残っています。
自分のレッスンはもちろんですが、他の受講生のレッスンがとても面白く、自分に応用できることもたくさんあって本当に勉強になりました。
受講生のレベルも高く良い刺激になり、あんなに集中して練習できたのは初めてだと思います。
修了コンサートの後、先生と一緒にとってもらった写真と、メッセージ入りのサインは大事に楽器ケースの中に飾ってあります。
またぜひ、レッスン受けたいなぁ。

Weimar_Rathaus.jpg
ワイマールの市庁舎

GoetheSchiller.jpg
ワイマール劇場の前の、ゲーテとシラーの銅像



ケルンテンではいつも習っている教授のレッスンで、ワイマールでの刺激的な一週間に比べると肩の力が抜けて、良い意味で気楽に過ごしました。
それでも連日の集中レッスンと5回の本番に出させてもらい、舞台でどのように弾いたら人に伝わるのか、集中力のピークを舞台の上に持って行くにはどうするか、本番からしか学べないことを凝縮した時間で体験することができました。今まで、教授が主張することに疑問を抱くことも少なくなかったのですが、本番にのせてみてようやく理解できることが多々あり、今更ながらに「なるほど、さすが教授」と納得。(失礼)
他の先生方も本番の後にコメントをくださったり、お食事会でお話をしてくださったりと素晴らしい方達でした。
また、ケルンテンでは仲間に恵まれ、最終日には一緒に湖までハイキングしてきました。
講習会からちょっとしたご褒美ももらったりして、予想以上にHappyな10日間でした。

Feldkirchen.jpg
オーストリアの田舎町で行われた講習会。予想通り緑がいっぱい。

see.jpg
街から一時間ぐらい歩いたところにある、小さな湖。
泳げます。


そんな感じで幸せ気分でウィーンに戻ってきましたが、明日から夏後半、カルテットでの講習会が始まります。
今までソロにかなり集中していた分、カルテットのツケがまわって来たような感じで、合わせ中にビオラ一人わたわたしています。なんとかせねば…。
後半はどちらも上げていかなければいけないので大変ですが、またエンジンフル回転で9月まで頑張ります。

またしばらくウィーンを離れるので、次の更新は早くて八月終わり、遅くとも九月中旬にはしたいと思います。
では、引き続き良い夏を!
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

プロフィール

のあ

  • Author:のあ
  • 眠いんだか眠くないんだか

    起きれるんだか起きれないんだか

    はっきりしてほしい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © カフェと 散歩と 音楽と  All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
08
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。