This Archive : 2010年09月

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビザ申請(かなり長いです)

2010.09.30 *Thu
外国で暮らす時に必ずしなければならない、ビザ申請。
ノルウェーでもやってきました。

オーストリアの学生ビザ取得、更新の際にも散々待ったあげくに、提出書類に問題があったり、対応があまりにひどくて嫌な思いをしているので、この手の件の面倒さは重々身に染みています。
おそらく世界のどこに行ってもあまり変わらないと思われます。
ノルウェーも似たようなもの。
ただ、この国の人々は余裕があるせいか、窓口の人も親切な人が多くて助かりました。
でも、必要書類の矛盾具合はオーストリアよりひどいかも。

問題は、ノルウェー移民局の要求する必要書類の中のひとつ、経済証明。
ノルウェーの銀行に申請人名義の口座を開設し、その残高証明を提出すること、というのが規定です。

いそいそと近くの銀行に行き、口座を開きたいんですが、と言うと、
「じゃあパスポートとD-Number見せて」との答え。
??番号??D??ってなんですか??
と疑問符を飛ばしていると、「え、この子D-Number持ってないの?その存在を知らないの?」
みたいな感じでカウンターの向こうから疑惑の目を向けられてしまう始末。
結局その番号が必要、ちなみに学生口座の場合は学生ビザの提示も必要、という情報しかゲットできずに帰宅。

家に帰って調べてみると、D-Numberとはいわば個人識別番号であり、全国民が出生時に与えられ、外国人はノルウェー居住開始時に与えられるもの、ということが判明。
この番号は銀行口座開設のみならず、住民登録、資産の登記、車両登録、身分証明、社会保険の受給権などの際にも必要になるそうで。
それがどこでもらえるかというと、税務局。(なぜ?)

ということで、次の日に税務局に行ってみました。
建物の入り口で並んでいると、周りは外国人労働者の方々ばかり、私一人明らかに毛色が違う。
受付が始まって、少し不安になったので警備員さんに聞いてみると、
「確かにここでD-Numberの申請はできるよ、でもそのためには警察でパスポートにスタンプをもらってきてね」
とのこと。
また無駄足、と半ばキレながら向かいにある警察へ。
その警察はビザの申請をする場所でもあるので、やたら人が多く、皆順番待ち。
私も長い事待ってようやく窓口まで辿り着いて「スタンプ下さい」というと、一言、
「あら、ビザまだ持ってないの?じゃあ無理だわ」。

………
えーーー!!

それってものすごい矛盾じゃないですか、と最初から色々説明してみても効果ゼロ、その日も余計な体力を消耗しただけで帰宅。

結論としては、
D-Numberがもらえない

銀行口座が開設できない

ビザの申請ができない

D-Numberが…
という、永遠にビザが取得できないという矛盾したシステム。

その後、日本大使館に聞いてみたり、他の銀行に問い合わせてみたり、学校にお願いしてみたりしましたが、どこからも有効と思える答えがもらえずに、到着から一週間以上が経過。
ヤケになった私は、オーストリアの銀行残高証明を、    恐らくビザ申請の残高としては不十分で、英語への翻訳が必要なところをドイツ語のまま     持って警察へ。

ノルウェーに一年間不法滞在、下手したらヨーロッパから強制退去、なんて最悪のシナリオを考えながら窓口まで行き、書類をチェックするお姉さんの顔をじーっと見る、と、
やっぱり残高証明のコピーで手が止まる、
「これ、あなたの銀行口座なのね?」
「はい」
「オーストリア、ふむふむ。○○ユーロね、」
…どきどき
「オッケー」

「OK?」てことは、いいんですか、これで?
とは聞き返しませんでしたが、あれだけ悩んだのに、え、これでいいわけ?
なんて思っている間に、申請できちゃいました。

はぁ。最大の肩すかしです。骨折り損です。
移民局と警察、言っていることを統一してほしい。


その後待つこと一ヶ月。
今日ようやくビザをゲットできました!
ついでにD-Numberの申請もしてきて、そっちはこれからまた一ケ月以上待たないといけないらしいんですが、とにかく一安心です。
あー長かった…
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類

サムイー

2010.09.29 *Wed
ウィーンでカルテットの本番もなんとか無事終わり、昨日オスロに帰ってきました。
そろそろ本格的に寒くなりそうだなーと思ってロングコートを着てきたのですが、正解でした。
昼間はまだいいけど、もう、夜が、寒い!!
昨日22時頃まで学校にいて、帰りのバスがなかなか来なくて、かなり寒かった。
日本の真冬かと思いました。
で、帰って天気予報を見てみたら1℃でした。そりゃ寒いわ。苦笑
それにしても、まだ九月なんですけどね?
ノルウェーの冬、乗り切れるのかしら…
CATEGORY : 未分類

録音してました

2010.09.24 *Fri
ウィーンでは毎日カルテット漬けです。
合わせ、合わせ、合わせ、合わせ…自分の練習する暇も気力もほとんど残っていません。
というのも、今週末のコンサートのための練習だけでなく、昨日、今日と録音もあったりして、久しぶりに泣きたくなるような疲れかた。
合わせ自体はいいんですが、なんせ曲が多くて。。。
まあ、うちのチェリストは再来週ディプロムなので私の何倍も辛いのでしょうが…。

来年の夏までのカルテットの予定、計画を立てる時点で「無謀だな…」という感はあったのですが、やはり、かなり厳しい…
でも、きっとできる、今から無理だと思ったら負けだ、なんて必死で自分に言い聞かせています。
自分一人のことじゃないから、私一人でも負けたら全てがストップしてしまう。
大丈夫、なんとかなる、って思うのは得意なほうだと思っていたのに、今は少し難しい。

今年は夏までできつい時期がひと段落したような気がしていたのですが、これはまたしばらく続きそうです。
来年の夏にはなんとか大型休暇が欲しい…南国、海、楽器なしで、もう何があっても休む!!!

何だか愚痴っぽい日記になってしいましたが、頑張ります、来年の南国を夢見て。笑


名称未設定

家の帰って練習しなきゃいけないけど、もう体力ゼロ…
ということで久しぶりのオバラでBananen Schnitte。
美味しかったけど回復率は低め…
ここは肉とビール?いや、やっぱり日本食が食べたい…
CATEGORY : 未分類

行ったり来たり

2010.09.18 *Sat
またまたウィーンに戻ってきました。
やはりこちらは暖かい!
まだパンプスが履ける!

オスロは天気はいいものの、最近は10℃前後。
日本なんて暖冬だったらそれぐらいですよね?
その感覚で、「そろそろクリスマスの買い物がしたくなるよねー」なんて友人に言ったら呆れられました。笑

今回のウィーンはわりと長くいるので、前回の反省を生かし、大人しく普通に生活する予定です。



オスロの学校から家に帰る途中、バス待ちの風景。
枯れ木と新緑?その向こうには紅葉…
P102000120100917212757.jpg
CATEGORY : 未分類

現代音楽

2010.09.17 *Fri
先週末のウィーン滞在は、毎日合わせ→飲みであっという間に時間がすぎていきました。
久しぶりにたくさんの人に会ってはしゃぎすぎたらしく、今週は疲れ気味です。

さて、オスロでは明日まで、Ultimaという現代音楽祭が開催されています。
毎日いくつもの演奏会がありますが、私は火曜にアルディッティ・カルテットを、昨日はヴィオラソロを聴いてきました。

知人から、ノルウェーでは現代音楽はが盛んだよ、と聞かされていましたが、実際この街にいると、なるほど、という感じ。
この街の持つ透明感、アブストラクトな感じが現代曲と合う。
西欧に比べ、伝統が重くのしかかっていないのもあるのかなと思いました。

アルディッティは期待以上に良くて、素敵な音空間を味わえました。
一曲、いまいちでしたが、あれは明らかに作品が微妙だった。
会場はSlottskapellet=王宮礼拝堂だったのですが、本当に王宮内にあり、ノルウェー王族が居住しているところに足を踏み入れてる!!と一人で興奮。
残念ながら内部の写真撮影はNGでした。

もう一つの演奏会はオスロ・コンサートハウスで。
”コンサートハウス”と名前は同じでも、ウィーンとは外観からして随分違います。
小ホールしか見ていないので何とも言えませんが、東京文化会館に感じが似ているかな。
演奏会はビオラソロが2曲、打楽器とのデュオが2曲で、面白い内容でした。
途中、ビオラって何だろう、なんて考えだして音と一緒にぐるぐるしてましたが、それもそれで楽しかった。
まだ音楽には色々な可能性がありますね。

オスロのコンサートハウス。
P101099220100917202346.jpg


CATEGORY : 未分類

今日も快晴

2010.09.07 *Tue
8月後半は曇りや雨の日が多く、あまりの寒さに「北」を実感しましたが、最近は快晴が続いてすごく気持ちが良い。
ほんっとうに気持ちがよくて、外に出ずにはいられません。
なんというかうまく言葉では表せないのですが、一言で言うなら「爽やか」。
体験した事のない清々しさで、空の丸みを帯びた青、太陽の暖かさ、光を受けて透ける緑、穏やかな空気…
気温は秋なんだけど、太陽がまだ夏の光を宿してて、こんなの初めて!

P101098720100907175208.jpg


うーん快感。心も体も喜んでます。




ところで、明日から数日間ウィーンへ戻ります。
実はこの一年間はオスロとウィーンでの二重生活のようなもので、半分ぐらいウィーンにおります^^;
今回の約三週間が、一年間で一番長いオスロ滞在なんじゃないかというぐらい。
これから年末まで、オスローウィーン間を行ったり来たり、プラス日本行きとリトアニアへ行く用事があったりして、移動ばかりの生活です。
体力的に、かなりきついなーとは思いながらも、自分がやりたくてやっていることなので、何とかきちんと両立させたい。
オスロで教えて頂いている先生にもご理解いただけて、本当にありがたいです。
先生、ウィーンでもちゃんと自分の練習、しますから!!
ウィーンの仲間にもたくさん、迷惑かけてしまうけれど、皆許してくれてありがとう。

ということで、次回はウィーンから♪
ネタ探さなきゃ…
CATEGORY : 未分類

お店

2010.09.06 *Mon
先日も少し書きましたが、オスロのお店はお洒落。
というか、ウィーンが平均以下なだけなのかもしれない、
他の土地に住んでいた友人達は口をそろえて「ウィーンはお洒落じゃない」と言いますし。
街行く人の服も、ウィーンなんかより全然お洒落。
そんな環境に影響されてか、こちらに来てから外出する時はちゃんとお化粧をして、まともな格好してます。笑
(これって私のウィーンの状態を知ってる方はきっと驚きますね)
ウィーンでも波がくると急に化粧したりしてましたが、今回はちょっと違うかも?
ウィーンで、なんであんな格好で外に出られたのか不思議なぐらいです。苦笑

お買い物も、ウィーンでは全くと言っていい程しないのですが、オスロでは中心に出る度に何か買ってしまいます。
「予期せぬ寒さ」というのを言い訳にして、ブーツ、セーター、カーディガン、その他諸々。。。
調子に乗って買いすぎました。

先日も、学校への行きがけに可愛い雑貨のお店を発見。

P101096620100906014444.jpg
ちょっと覗くだけの予定が、いくつかの小物をお買い上げ。あらら。。。

また、幸か不幸か学校のすぐ近くにはショッピングストリート。
服やアクセサリーのお店以外にも色々あります。

P101098020100906014427.jpg
紅茶専門店。
茶葉はもちろん、可愛い茶葉入れやポットがたくさん。

P101097420100906014500.jpg
オリーブ専門店。
上質なオリーブオイルから、オリーブを使ったスキンケア等もあるみたい。

P101097520100906014513.jpg
キッチン用品店。
中にはキッチンにまつわるものが所せましと置いてあり、全部見るだけで一苦労。
なんだかどの商品も素敵に見えてしまいました。


一年間だけだからなるべく物を増やさないように、とは心がけているのですが、誘惑が多くてどうなることやら…。
いつかゆっくり、ショッピングしたいと思いつつ、そしたら大変な事になるんじゃないかと怖かったりもして、複雑です。笑
CATEGORY : 未分類

カード

2010.09.05 *Sun
オスロでは、何をするにもカードが必要。
生活している中で常に使うのは、写真の四枚です。

P101095920100904003215.jpg

一番上は学生証。
学校の入り口に自動改札みたいなのがあり、これをかざさないと入れません。
といっても入り口には受付があるので、外部の人間も一応地上階には入れます。
ただ階段のドアはロックされているし、エレベータもカードを認識させないと動かないので、結局このカードがないと一人ではどこにも移動できないのです。

その下は洗濯機用のカード。
寮には洗濯機と乾燥機が十数台置いてある建物があります。
使用方法は、
・カードに個人情報を登録してもらう
・ネット上でクレジットカード/銀行口座から入金
・ネット上で洗濯機を予約
・予約時間に洗濯室へ行き、カードを挿入してスタート
という感じ。
同じ交換留学生の友人が、「僕のPCは予約するためのサイトがどうしても表示できなくて、洗濯する度に他の人のPC借りなきゃいけないんだよ」とぼやいてました。
しかも予約時間を15分超えると、使用しなくても料金が勝手に引き落とされるというシステム。
そこまで複雑にハイテク管理しなくても、と思うところ。

三番目はいわばスイカみたいなもの。
公共交通機関に設置してある機械に、これをタッチします。
といっても改札システムはウィーンと同じ、乗る度に自分でタッチ(紙のチケットもあり、その場合はスタンプを押す)、たまにコントローラが出口にいる、というもの。
私は学生用一ヶ月パスなので、何回乗り降りしても340クローネ也。
ちなみに大人の一日券は70クローネ(約9ユーロ、1000円弱)もします。たかっ!
学生で良かった?…。
次の一ヶ月分は、ネット上でチャージできます。
ウィーンと違い、一ヶ月券=タッチした日時から一ヶ月なので、便利。

一番下、真っ白なのは、寮のカード。
住んでいる棟に入るとき、また住んでいる階に入るとき(なんて厳重!)、洗濯部屋、郵便受けのある棟、ゴミ置き場、どこに入るにもこのカードをかざします。


他にも、買い物やカフェで現金払いの人は少ないし、学生食堂でもカードを取り出す人多数。
いつだったか印刷会社の本社に迷い込んだ時も受付でVisiter Card作らされたし、ほんと、カードばっかり。
ノルウェー人てなんでこんなにカード好きなんでしょう?
CATEGORY : 未分類

海へお散歩

2010.09.03 *Fri
今日、天気が良かったので、海まで散歩に行ってきました。

「海まで散歩」
この一言がどれほど特別なことか、
海辺で育ったウィーン留学生にはご理解頂けるのでは。笑

海って私にとってすごく特別で、
育った家が海まで徒歩五分だったこともあり、何かあった時はもちろん、何もなくてもよく行っていました。
行きなれた故郷の海に限らず、見ているだけで落ち着く、自分を再確認できる、そんな大切な存在です。

なのに6年間住んだウィーンには、というかオーストリアには海がない!
海がない=新鮮な海鮮が手に入らない、というのも大きなマイナスポイント。
ウィーンの気に入らない点は?と聞かれたら迷わず「海がないこと」と答えるでしょう。笑
川も湖も行ってみましたがいまいちピンとこない。
やっぱり海じゃなきゃ、と、海に近い土地への旅行の際には必ず訪れ、癒されていました。

前置きが長くなりましたが、重要なのはオスロに海があるということ!笑
砂浜ではなく港で、オスロ・フィヨルド(地質学上は湾)の再奥に当ります。
湾の幅が狭く、また湾内にいくつもの島があるため、「海の向こうは水平線」に慣れている私には新鮮な眺め。

P101094020100903221228.jpg
奥にはとても大きな豪華客船!残念ながら近寄れませんでしたが。。。


P101092720100903221157.jpg
個人所有の船がたくさん停泊。
船のお掃除中のオーナーも見かけました。

すでに肌寒いにも関わらず、たくさんの人が海辺を歩いていました。
やっぱり、癒されるー♪

海へ行ってご機嫌になった後、街の中心まで足を伸ばしたら、ついついお買い物をしてしまいました。笑
H&MでもZARAでも、お店に置いてあるものがウィーンよりもお洒落に見えるのはなぜかしら。





P101093520100903221311.jpg

カモメもお散歩。
CATEGORY : 未分類

プロフィール

のあ

  • Author:のあ
  • 眠いんだか眠くないんだか

    起きれるんだか起きれないんだか

    はっきりしてほしい



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © カフェと 散歩と 音楽と  All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
09
1
2
4
8
9
10
11
12
13
14
15
16
19
20
21
22
23
25
26
27
28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。